Git command

41258

よくつかうコマンド

addを取り消す

git rm --cached -r .

特定のファイルのみaddを取り消し

git rm --cached -r FILE_NAME

更新ファイルを表示しつつログを表示。更新ファイルのパスと更新された行数が+ -で表示されます。

$ git log --stat

スタッシュする(管理から外す) : 修正中のファイル(未コミットのもの)をstashします。管理下におきたいものはあらかじめコミットしておくこと。

$ git stash 

ファイルの修正を取り消して元に戻す

$ git checkout FILE_PATH/FILE_NAME

INDEX

基本的なコマンド

現在のブランチを確認

$ git branch

コミット履歴を見る

$ git log 

現在のステータス確認

$ git status

git commit


直近のコミットメッセージを変更する

$ git commit --amend -m "変更したいメッセージ"

git log


最新のHEADログだけ出す。

git log -n 1


一行で簡潔に表示する

git log --oneline


期間で探す。--after--beforeのオプションを使います。

git log --after '2024/01/01' --before '2025/12/31'


更新ファイルを表示しつつログを表示。更新ファイルのパスと更新された行数が+ -で表示されます。

$ git log --stat

コミットメッセージで検索する。--grepオプションを使います。

$ git log --grep=検索文字列

git diff


FETCHしたものと現在のHEADを比較する。(どれくらい変更したかだけを見る)

$ git diff HEAD REMOTE_NAME/BRANCH_NAME --stat

git branch


ローカルブランチを削除する(別のブランチに移動していないと駄目)

$ git branch -D BRANCH_NAME


リモートブランチを削除する

$ git push --delete origin BRANCH_NAME

https://qiita.com/yuu_ta/items/519ea47ac2c1ded032d9

  • News

  • Categories

  • Tags

  • Archives

  • Page index