Laravelの開発の下準備

36933

最近はHomesteadとかいらない感じですね。

composerをインストールする

ここではグローバルでコンポーザーを置かないで各ローカルでcomposer.pharをおくことにします。というのはcomposerのバージョンをいろいいろ使い分けないといけない状況が多々生じるので、composerをグローバルで使うと非常に不便。
https://getcomposer.org/download/

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php -r "if (hash_file('sha384', 'composer-setup.php') === '756890a4488ce9024fc62c56153228907f1545c228516cbf63f885e036d37e9a59d27d63f46af1d4d07ee0f76181c7d3') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"

composer.pharというファイルがダウンロードできました。
基本的な使い方は、

$ php composer.phar [SOMETHING]

になります。php composer updateとかそういう使い方をします。具体的な使い方は別途。
まずはinstallまたはupdateをしておきましょう。

$ php composer.phar update

アップデートすべきパッケージがあればアップデートされます。(結構時間かかるときあるかも。)
これでLaravelが最新の状態になりました。

開発ツールの導入

デバッカーをコンポーザーでインストールする。
https://github.com/barryvdh/laravel-debugbar

$ php composer.phar require barryvdh/laravel-debugbar --dev

結構いろんな依存関係がいっぺんに入ってきます。
フッター下部にデバッカー現れます。開発中のデバッカーとしてかなりいろいろ便利に使えます。詳しい使い方は特に説明するまでもない感じです。
前までクラスの設定が別途必要だったけど、最近は不要になったみたいですね。
デバッカーがうまく出ないときは、以下諸々設定が必要なようです。laravel.logにlocal.ERROR: Debugbar exception: Route [debugbar.openhandler] not defined.というメッセージが出ているときは使えない状態になっています。最適化を実行してください。

$ php artisan clear-compiled
$ php artisan clear
$ php artisan cache:clear
$ php artisan view:clear
$ php artisan route:clear
$ php artisan config:clear

これで最下部にデバッカーが出てくるようになります。

npmを実行する

フロント向けにnpm実行しないとダメ。ちょっと前まではなくてもよかったんだけど、なんか変わったのかな。たかがbledeのためだけにも実行しないと動かないっぽい。
package.jsonのあるLaravelのルートディレクトリで実行します。

$ npm install
$ npm run dev

とりあえず、この2つでOK。古いnpmがインストールされてしまうときにはnpm install -g npmを実行すればよいかと思います。

$ npm --version
7.20.3

Laravelの認証/認可

もう皆さんも知っている通り、Laravelはログイン認証機能がすぐに作れます。
jetstreamを入れる。

$ php composer.phar require laravel/jetstream

bladeを入れるらしい。sailからartisanを実行しないとダメかも。

$ php artisan jetstream:install livewire
($ ./vendor/bin/sail artisan jetstream:install livewire)
$ php artisan migrate
($ ./vendor/bin/sail artisan migrate)

データベースに接続していないとエラーになる。

Laravelの開発に必要なコマンド

キャッシュの削除とかオプティマイズとかで必要なコマンド集です。実行しないと反映されないということが度々あるので、覚えておきましょう。

$ php artisan clear-compiled
$ php artisan clear
$ php artisan clear
$ php artisan view:clear
$ php artisan route:clear
$ php artisan config:clear

あるいは、sailを使っている場合は、

$ ./vendor/bin/sail artisan clear-compiled
$ ./vendor/bin/sail artisan clear
$ ./vendor/bin/sail artisan cache:clear
$ ./vendor/bin/sail artisan view:clear
$ ./vendor/bin/sail artisan route:clear
$ ./vendor/bin/sail artisan config:clear

ディレクトリ・ファイルのパーミッション関連

以下のパーミションを777に変更します。キャッシュをクリアしないと反映されないので注意。

$ chmod -R 777 bootstrap/cache
$ chmod -R 777 storage
$ chmod -R 777 storage/logs
$ php artisan config:clear

Laravelの開発と保守で注意すること

  • .envはgitでコミットしない。代わりに更新時には.env.exampleを更新するようにします。

  • News

  • Categories

  • Tags

  • Archives

  • Page index